腰痛を治す会 » 腰痛体操について

腰痛体操について

腰痛に悩む方は多くいらっしゃいます。日本では特に、不快指数がトップレベルにあるものが、腰痛の症状です。また腰痛治療に悩んでいて、新しいタイプの体操法などを試行する方も多いと言われています。

このことは、医学が進歩してきてもあいかわらず、日本では腰痛に悩んでなかなか解消できないという方が多いということを示しています。腰痛は人によってその症状に大きな違いがあるということが無いにも関わらず、その原因は明確でないといわれています。

外国で高い効果が認められたと言われる新しい体操法は、特に大勢の方が試行されるものです。このような体操法の1つとして有名なものが、マッケンジー法です。

ニュージーランドの理学療法士であるマッケンジーさんが考案し、開発されたもので、その特徴はだれでも自宅で簡単に取り入れることができ、疲れも少なく、器具なども不要であることです。

マッケンジー法を行えば、これまでには少なかった改善率が大幅にアップしたという病院も多く見られるようです。特に腰椎の椎間板ヘルニアに対する効果は高く、かなりの即効性が認められたという例も少なくないようです。

従来の方法では難治度も高かったヘルニアの痛みが嘘のように解消されたということで、独自に日本人にマッチした方法を研究されている病院や医師も少なくないようです。

マッケンジー法の基本は、うつ伏せになって腰を反る、また椅子に座るなどして腰を前屈させるストレッチです。これらのどちらを採るかは症状によって決定されますが、極端にならないように後々になって逆の方向へストレッチするケースもあります。

背筋を反る場合には、あまり強く縮ませないように、無理をしないように気をつけます。無理をすると逆効果になり、筋肉を疲れさせて、ストレッチできる時間をつぶしてしまうことになります。

またこれはどの体操法にも言えますが、ゆっくりと、確実に、そしてリラックスして行うことが基本です。