腰痛を治す会 » バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

お年寄りが増加している今日はお年寄りのための施設が多くあります。誰でも快適にすることがリフォームです。だからバリアフリー化のリフォームはお年寄りにとても大事なリフォーム作業です。

バリアフリーでよく見るのが手すりを付けるリフォームです。一見簡単な作業ですがこれをすることでかなりのお年寄りは助かります。

特に松葉杖無しでは過ごせない人や目が見えない人、足腰の悪い人などの人はお年寄りや若い人問わずとても便利です。このようにバリアフリーはお年寄りだけでなく障害を持った人にも、とても有効的なものです。

階段や玄関を少しでも低くするだけでもとても助かります。これにより足腰が弱っていても躓き難いので危なくならないです。また車椅子なども通りやすくなるのでバリアフリー化をするならとても重要な点です。

大きなリフォームで階段にエレベーターを付けるものがあります。これはほとんど自動的に階段を登ることができるのでとても便利です。しかし設置費用やスペースがとても必要です。

最新の技術を使って軽量化とコンパクトを目指していますがそれでも少し大きなものでないと座ることができないのでこれからもそれなりに大きなものでしかありません。

危険なところはお風呂場や階段などがとても階段は先程表記した通りエレベーターを使うと問題なくなります。しかしそのエレベーターからでも階段からでも落ちてします人が多いです。

階段を転げ落ちると若い人でも打ちどころが悪いと死んでしまいます。とても危険な場所です。次にお風呂場です。ここでは水によるスリップが怖いところです。水で滑ったり泡で滑ったりするのでとても危険です。

浴室に入るときなどは片足立ちになるのでとても危険です。他にもトイレなども危険です。

トイレをする時に足腰を上下しないといけないのでとても大変です、バリアフリーにすることですこしでも軽減することができれば良いです。バリアフリーはこれから特に必要になります。早めのリフォームをオススメします。