腰痛を治す会 » 四十肩と五十肩の治療について

四十肩と五十肩の治療について

四十肩と五十肩は、呼び方が違うだけで、同じ「肩関節周囲炎」とう病気なので、治療方法もまったく一緒です。

五十肩を治す上で大切なのは、病期に合わせた体操と患部の保温です。五十肩には「急性期」・「慢性期」・「回復期」の3つの病期があり、それぞれの病期によって適切な体操や患部の温め方などが違います。

その病期に合わない方法ではリハビリなどの療法をしようとしても、五十肩からの回復までの時間が増えたり、五十肩症状の悪化を招いたりするので注意が必要です。

「急性期」は、疾患の発症からしばらくの間続き、とにかく痛みが強烈な病期です。病院で治療をする場合、この時期に感じる痛みの強さで、どの方法をとるか決めます。病院での療法でもっともポピュラーなのが、薬物療法です。

炎症による痛みを神経をマヒさせることによって感じなくなるようにする「神経ブロック療法」が代表的です。この他、湿布や軟膏、座薬などを症状の程度によって使い分けます。急性期は安静が第一なので、無理な運動は絶対にしてはいけません。

癒着が起きない程度に、毎日少しずつ行う程度で十分です。患部は炎症を抑えるために冷やすことが多いです。四十肩の症状や五十肩の症状を治療するには、この急性期を超えればあとは回復まで一直線です。

「慢性期」は、急性期の刺すような急激な痛みはなくなり、じわじわと弱い痛みが少しずつくるようになります。この時期になると肩や腕の痛みはだいぶ楽になっているので、急性期に比べて必要な運動量が増えていきます。

薬の量も急性期よりもだいぶ少なくて大丈夫になります。「回復期」に入れば、もうひと踏ん張りです。もうほとんど治りかけている状態なので、薬もほとんどいらなくなり、積極的にリハビリ体操に取り組む必要があります。

慢性期と回復期は、患部を温めることが大切です。以上が四十肩・五十肩への療法のおもな流れです。家で治療する場合も3つの病期を意識しながら改善に臨みましょう。