腰痛を治す会 » 変形性膝関節症について

変形性膝関節症について

人体は20歳を過ぎたころからすこしずつ劣化が始まっていき、年々怪我や病気に掛かりやすくなってきます。

特に足腰の機能の低下は老化の象徴のように必ずといっていいほど表れ、若いころのように走ったり歩いたりすることが出来なくなってくることは不可避のものであると考えられています。

そうした足腰の機能低下の原因の一つである変形性膝関節症も老化に伴い非常に起こりやすくなる病気の一つです。日本国内で約700万人も患者がいるという変形性膝関節症はいったいどんな病気なのでしょうか。

変形性膝関節症はひざ関節の軟骨部分の劣化に伴って発生する病気です。軟骨部分は老化とともにその弾力性が失われていき、歩く際に掛かる体重に少しずつ耐えられなくなっていきます。

それが原因で階段を上り下りする際や歩く時に痛みを感じるようになり、症状が進むと軟骨以外にひざに掛かる衝撃を吸収する役目を持つ半月板や靭帯にも障害が発生し始めて関節炎が起こります。

そうなると関節液が過剰に分泌されることになりいわゆる関節に水が溜まるという状態といわれる膝関節水症まで併発します。

変形性膝関節症の治療は早いうちなら運動療法や理学療法などの組み合わせで治療する保存療法で行えますが、変形性膝関節症の症状が進むと外科手術による治療が必要になってきます。

これらの関節症は特に女性に発症するケースが非常に多く、男性と比較するとどの年代でも1.5倍から2倍ほど女性の方が発症件数が高く、高齢者になるとなんと男性のおよそ4倍にも発症件数が増加するそうです。

変形性膝関節症は初期症状の状態ならば正しい治療を行えば症状を改善することも出来ますが、「年を取ったのだから仕方が無い」と治療しないで放置して症状を悪化させる患者も少なくないそうです。

本格的に変形性膝関節症を発症すると痛みで歩くことが非常に困難になるためそうならないうちにも早めに治療したり、発病する前から予防をしっかりと行っていきましょう。