腰痛を治す会 » 五十肩のツボについて

五十肩のツボについて

ツボ押しや鍼灸というのは、五十肩にとても効果的です。もちろん、個人差はありますがやってみて自分に効果があるかどうか試してみる価値はあると思います。

しかし、実際問題、毎回鍼灸や整体ばかり行けないという面はあります。そこで、自宅でも押せる箇所を紹介したいと思います。

五十肩の症状に効く箇所は、やはり主に肩周りに集まっています。肩のすぐ中央にある肩井(けんせい)、臑兪(じゅゆ)と呼ばれる肩甲骨の上のでっぱりの下縁にある凹み、肩甲骨の中央の凹みにある天宗(てんそう)というところが一般的です。

他にも、巨骨(ここつ)と呼ばれる肩端を上行して両又骨の間に出来る陥没部分、肩を上げた時に出来る2つのくぼみのうち、胸側の方を肩ぐう(けんぐう)、後方を肩りょう(けんりょう)など色々なツボがあります。

足にも五十肩に効くものはあります。薬指と小指の間から、まっすぐ下がったふくらみの部分にあります。人差し指の付け根から小指の付け根の方向に肩や首に効くものが並んでいます。痛む肩と同じ方の足つぼを刺激しましょう。

強く押しすぎたり、同じところを何度も押し続けると逆に痛めてしまうこともあります。また、自分ではなかなか手の届かないところにもあります。

家族の方に押してもらうことも出来ますが、正確な位置を知っているのはやはりプロです。整体院や鍼灸で刺激してもらうのが一番なのではないかと思います。

五十肩のツボを自分で把握して、自分でも正確に押しながら整体や鍼灸でも刺激してもらうというのがベストでしょう。