腰痛を治す会 » 腰痛の原因と症状

腰痛の原因と症状

腰痛の原因や症状にも様々です。様々な腰痛があり、それぞれに特有の原因があります。腰痛になって必要なことは、これを明確にして、自分の状態にあった治療を行っていくことです。

例としてヘルニアは、背骨同士のクッションとしての役目を果たす椎間板がつぶれることで発症します。椎間板の中身が外へ飛び出してしまうことが多いですが、飛び出した椎間板が周りの神経を圧迫すると、様々な神経症状が出ます。

この椎間板が突出してしまうことのは、背骨同士の圧力が高まるせいですが、ではこの圧力が高まる理由は何かといえば、患者さんによって違ってきます。

そしてこの圧力の高まる原因として多いのは筋肉の衰えや背骨の歪みなどです。筋肉が衰えれば背骨の動きをサポートする力も弱まり、その分背骨自体にかかってくる圧力が大きくなってしまいます。そして上体を支えきれない背骨の圧力が増して、ヘルニアになってしまうのです。

ヘルニアの症状は重い痛みやしびれが顕著です。特に急性期では、身動きがとれないくらい痛むという場合も多くなります。

慢性で多いのが腰痛症です。この原因は明らかでないというケースも多く、結果としてストレスであると診断される場合も多いようです。慢性の場合は痛みが激しい場合は少ないですが、その変わりに長期間の持続した痛みを持ってしまうことが顕著です。

腰痛を解消することは、その要因が明らかでない限り無理と言えますが、多くの場合筋力トレーニングをしたり、ストレッチをすることで痛みを軽減させています。

他には、姿勢の矯正、食生活の改善や生活リズムの改善などが主です。また、自分の状態にあわせた改善方法を見出すためには、病院で検査を受けて、医師とよくコミュニケーションをとることも重要になってきます。

症状にあわせた治療メニュー、リハビリメニューを組み立てて、計画的に継続させていくことが、改善への最も近いアプローチであると言えます。

●腰痛で車の運転に支障をきたしている方へのおすすめコンテンツ
愛車を高く売るポイントをご紹介 これをすれば査定額は確実にUPする!