腰痛を治す会 » 痛みについて

ブロック注射

痛みについて

腰の椎間板ヘルニアや頚椎椎間板ヘルニアなどからくる頭痛や痛みが激しく、継続的に続く場合にはその症状を鎮める処置としてブロック注射を行うことがあります。

このブロック注射とは局所麻酔薬や抗炎症剤なので、一時的に痛みの神経を麻痺させることで、遮断することが出来ます。鎮痛作用の効果は非常に高く即効性を持つため、日頃から酷い腰痛などで悩まされている方には心強い治療法で、副作用の危険性もとても少なく有用性の高いです。

ただし、考えられる最大の副作用としてはその処置時の痛みが挙げられるかもしれません。医療の発達した現代においてはブロック注射に用いられるブロック針の針径は通常の注射器のものより細いものが選ばれていますし、ブロック針を刺入する前に十分に痛み止めも作用させます。

しかし、それでも腰痛などの症状を遮断するためのものですが、その注射そのものが痛いという話も聞かれます。確かにブロック注射を行う位置は普段から症状のある場所の神経を対象としていますし、通常の一般的な注射の中では一番痛いとも言われています。

ブロック針を所定の場所へ到達させにくい神経が対象あったりして針を何度も出し入れをするとなると、いくら痛み止めを使用していたとしても辛いです。

ただし、先程も記述したように現代の医療技術によって出来るだけ痛さを感じることの無いように考えられて治療が行われています。

これによって人によっては想像よりもずっと痛くなかったという人や、元々痛い症状のある部分なので相対的に針による痛さを感じづらくもなっているので十分な許容できるという人も多くいます。ブロック注射の効果自体は非常に高く優秀な治療法です。

日頃悩まされてきた腰痛などを解消出来るのであれば一瞬の痛さを我慢した方が良いと考えることも出来るのではないでしょうか。

椎間板ヘルニアに対するブロック注射の効果について