腰痛を治す会 » リノベーション住宅とは

リノベーション住宅とは

リノベーション住宅とは、中古になった物件を作り替えることで新築状態に再生されたもののことを言います。

新築で家を建てるとなると土地を買い業者に依頼して長い時間と費用をかけなければいけませんが、すでにある物件を自分好みに作り替えることが出来るため費用も新築で建てるより低く済むというのが何よりのリノベーション住宅の魅力と言えるでしょう。

もともとある敷地や立地を生かした作り替えを行えるリノベーションは、内装をただ単に作り替えるというのではなく、間取りや設備など全てを自分の理想の物へと作り替えることが出来るため、新築と全く変わらない雰囲気になります。

中古物件ということで設備に対する不安がある場合もありますが、耐震強度の工事なども同時に行うことで、基礎部分を強化し、そういった不安を払拭することも可能です。

また、他に防湿や防虫のための工事を行うことも可能です。リフォームと違う点は、現在あるものを修繕するといいうわけではなく、現在あるものを活かして新たな居住空間を造るという目的意識の違いです。

工事技術自体は、どちらも家の改装ですのでそれほど大きくは変わりません。