腰痛を治す会 » 適合リノベーションとは

適合リノベーションとは

適合リノベーションとは、リノベーション推進協議会という機関によって定められている統一規格というものに則って行なったリノベーションが施されている既存住宅のことを言います。

この適合リノベーションは、対象にしている物件によって、R1住宅からR5住宅に区分されています。R1住宅は区分所有マンション専用部のことを指します。

R2は区分所有マンション専有部と共有部に一定の基準があり、R3住宅は一棟建物、R4住宅は用途変更を伴った一棟建物、コンバージョン、R5住宅は戸建住宅となっています。

このように分類されている中でも、今回はR1住宅について説明します。R1住宅はマンションの適合リノベーションとなります。

その内容は、まず専用部の重要インフラについての適合リノベーション住宅適合報告書を用いて、リノベーション推進協議会が定める基準による品質や検査方法、判断基準の開示、更新工事箇所の報告、既存流用箇所の検査結果の報告、保証書の発行といったことを情報として顧客に提供します。

設計図書の提出については、平面図や仕上げ表は必須となっています。配管図や配電図、設備位置図は更新した場合にのみ提出することになっています。

顧客側にしてみればアフターメンテナンスがどうなっているのかという所が気になるところですが、アフターメンテナンスは重要インフラの場合は工事部分を含めて最低2年となっているので、何かトラブルがあったときでも期間内であれば対応できます。

お客様相談窓口の設置も適合リノベーションでは行なわれます。中古住宅を購入する際に心配になってくるのがどうしても、この物件を買っても何も問題が起こらないかということです。

実際に見ることが難しい配管や配線関係はどうしても気になるところです。そのためにも、しっかりと分からないことや気になることは相談して、よりよい物件を手に入れてください。